国際会議AYRCOBのご案内(2017年10月31日(火)、ソウル)

東京大学メディカル情報生命専攻の今田と申します。国際会議AYRCOBのご案内をさせていただきます。

AYRCOBは、計算生物学、オーミクス及びシステム生物学の若手研究者及び学生が集う国際会議です。
過去10回の開催で、延べ250名以上の若手研究者と60名以上の招待講演者が研究成果を発表し、学問分野の発展に貢献してきました。
11回目を迎える今回は、GIW / BIOINFO 2017 と共同開催致します。
GIW / BIOINFO 2017 に参加登録することで、当日同会場にて行われるAYRCOBにも自由にご参加いただけます。
また、急で申し訳ありませんが、演題登録は9月13日(水)までとなっております。
Oral / Highlightトラックに採択された発表者の方には、旅費の一部援助を検討中ですので、
学生、若手研究者の皆様の積極的なご参加をお待ちしております。
もちろん、ベテランの皆様のご参加も歓迎致します。

【概要】
Asian Young Researchers Conference on Computational and Omics Biology (AYRCOB) 2017
開催日:2017年10月31日(火)
場所:韓国ソウル特別市Hotel Samjung
演題登録:Oral / Highlight、ポスターともに9月13日(水)迄 http://2017.ayrcob.org/submission/
参加登録:GIW / BIOINFO 2017に参加登録すること https://kobic.kr/giw-bioinfo2017/registration
使用言語:英語
ウェブサイト:http://2017.ayrcob.org/

【開催趣旨】
機械学習やシーケンシング技術の急速な発展により、計算生物学及びオーミクス生物学の研究は加速しており、
国内に限られた情報交換では、分野の問題意識や最新技術を国際レベルで牽引することは困難になっています。
そこで、本研究会は、以下を目的としています。
・アジアの若手研究者、及び学生同士で国際会議における研究成果発表の機会を与えることで、グローバルな若手研究者を育成する。
・各国気鋭の研究者による招待講演を通じて最先端の研究成果を共有することで、計算生物学及びオーミクス生物学の発展に寄与する。
・本研究会の運営に携わる学生を中心とした、若手研究者間のネットワークを築くことにより、将来にわたる持続的な国際的情報交換基盤を構築する。

これらの目的を達成するため、AYRCOBでは以下のような特色ある企画を用意しております。
・分野の垣根を越えた議論を促すため、ポスター発表者全員がLightning Talkを行う。
・若手研究者間のネットワーク形成及びキャリア構築支援のため、招待講演者を交えた座談会を行う。

詳細はウェブサイトにて是非ご確認ください。

【招待講演】
Dr. Murim Choi (Seoul National University, South Korea)
Dr. Isheng Jason Tsai (Academia Sinica, Taiwan)
Dr. Sangwoo Kim (Yonsei University College of Medicine, South Korea)
Dr. Chen Siang Ng (National Tsing Hua University, Taiwan)