第23回 バイオメディカル研究会 「1細胞から多器官ネットワークへ
~生命システムの階層縦断的理解への最新アプローチ~」

 関西地域部会・バイオメディカル研究会では、創薬・臨床応用を見据えた最先端
研究をテーマに知的交流の場を提供しております。今回は標題のテーマで、現状・
課題・取組みについてご紹介いただくと共に、創薬応用への展望について議論して
いただきます。

■主 催: 日本バイオインフォマティクス学会・関西地域部会

■共 催: 公益財団法人都市活力研究所

■後 援: 大阪府、NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議、
      NPO法人バイオグリッドセンター関西(予定)
        
------------------------------------------------------------------------

【日時】
  平成29年9月21日(木)13:30~17:30

【開催場所】
 《セミナー》
  グランフロント大阪 北館 タワーC 8階
  ナレッジキャピタル カンファレンスルーム タワーC Room C05
  大阪市北区大深町3番1号
  https://kc-space.jp/accessmap/conference/towerc.html#jump

 《懇親会》
    グランフロント大阪北館 タワーC 7階
    公益財団法人都市活力研究所 セミナー室
    http://urban-ii.or.jp/about.php#ancer06

【プログラム】
 13:30
 開会挨拶・諸連絡

 13:40
 講演1
「次世代プロテオミクスが拓く医学生物学の新地平:90年来のがんの謎を解く」
 九州大学 生体防御医学研究所
 細胞機能制御学部門
 分子医科学分野 教授
 中山 敬一 先生

 14:25
 講演2
「BodyMapの汎用化:ヘテロで大量な情報をAIに任せず使う為の技術」
 国立遺伝学研究所
 遺伝子発現解析研究室 教授
 大久保 公策 先生

 15:00
 講演3
「尿中エクソームによる診断」
 大阪大学大学院
 医学系研究科
 泌尿器科 講師
 藤田 和利 先生

 15:20
 休憩

 15:35
 講演4
"From Systems Biology to Medicine: Inter-Organ Communication
in Zebrafish, Mouse and Human"
 ATR佐藤匠徳特別研究所 特別研究所長
 JST ERATO佐藤ライブ予測制御プロジェクト 研究総括
 Karydo TherapeutiX株式会社 代表取締役
 米国コーネル大学 教授
 佐藤 匠徳 先生(Thomas N. Sato, Ph.D.)

 16:10
 講演5
「人工細胞デバイスを用いた計測とものづくり」
 東京大学大学院工学系研究科 教授
 野地 博行 先生

 16:45
 休憩

 16:50
 パネルディスカッション
 『生命システムの階層縦断的理解への展望と課題』
 (パネリスト)
 中山先生、大久保先生、佐藤先生、野地先生、藤田先生、坂田先生(大阪大学)、
 白井先生(長浜バイオ大学)、荒木先生(京都大学)

 17:30
 閉会挨拶

 17:45
 懇親会 (公益財団法人都市活力研究所セミナー室 同ビル 7階)

 19:15
 終 了

 【定 員】 参加予定人数75名程度、懇親会25名程度

 【参加費】 無料、(懇親会:2,000円/人)


■詳細はこちら
  http://urban-ii.or.jp/events/detail.php?event_id=237

■お申し込みはこちら
  https://area31.smp.ne.jp/area/cl/5026854/eDHwdbh7G5kD/M?S=thod2mjof

■イベントに関するお問い合わせ先
  公益財団法人都市活力研究所 担当:味村、安藤
  E-Mail: mimura@urban-ii.or.jp
  TEL: 06-6359-1322