第394回CBI学会研究講演会
「分子ロボティクス:これまでの成果と創薬応用への可能性について」

http://cbi-society.org/home/documents/seminar/2017to20/20180518.html
日時:2018年5月18日(金)13:30-17:30
場所:グランフロント大阪 ナレッジキャピタル 北館タワーC 9階 VisLab OSAKA
(大阪市北区大深町3-1)

★「分子ロボティクス:これまでの成果と将来構想」
小長谷 明彦(東京工業大学)
★「RNA分子ロボティクスのiPS細胞への活用」
齊藤 博英(京都大学)
★「非環状型人工核酸による分子演算の拡張と核酸医薬への展開」
浅沼 浩之(名古屋大学)
★「インテリジェントDDSキャリア・3次元培養基材としてのインジェクタブルDNAヒドロゲル」
葛谷 明紀(関西大学)
★「DNAオリガミを用いた反応場制御」
多田隈 尚史(大阪大学)