東京大学 定量生命科学研究所 特任研究員の募集 

東京大学 定量生命科学研究所(大規模生命情報解析研究分野、中戸研究室)では、新たに特任研究員を募集します。
詳細については、下記JREC-INサイトでもご覧いただけます。研究内容や待遇等に関して不明点や質問などあればご連絡ください。
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?id=D120110906 

-----------
募集人数:1名 

勤務場所:東京大学 定量生命科学研究所本館(東京都文京区弥生1-1-1) 

求人内容: 次世代シーケンサー
(NGS)を用いたエピゲノムデータ(主としてChIP-seqとHi-C)の大規模解析のための新規手法構築及び知見獲得に関する研究。NGSデータ解析分野における十分な知識と研究実績を有する方を優先して採用いたします。Rやpython等のREPL環境やLinuxシェルへの習熟が望ましいスキルです。

 

業務内容: AMED-PRIME(早期ライフステージ)「頑健なデータ駆動形エピゲノム解析を実現する情報解析システムの構築」プロジェクトに従事していただきます。特に以下の課題のいずれかに積極的に取り組む意欲のある方を募集します。
   - 大規模ChIP-seqデータをもとにした機械学習によるデータ補完技術(Data imputation)
   - 立体構造(Hi-C)、エピゲノム(ChIP-seq)、遺伝子発現(RNA-seq)の統合解析技術
   - データ駆動型解析を補完するin silicoでの仮説駆動アプローチ(ポリマーシミュレーション、時系列モデリング等)
これらに関する研究経験・実績を有する方が望ましいですが、進歩が著しい分野であるため、新しい技術を積極的にサーベイ・習得することが最も重要なスキルとなります。これらの技術を自ら習得し論文化する強い意欲とスキルを持つ方であれば未経験者も歓迎します。雇用された方の技術の習得、キャリアアップを可能な限りサポートします。
必要なPC・周辺機器、出張費用等は全て研究費より支弁されます。
なお採用された方には、国際エピゲノムデータベースコンソーシアム IHEC (http://ihec-epigenomes.org/)
のデータ統合解析グループにも参加していただきます。 

応募条件:着任までに生命科学・情報学・数理生物学・生物物理学および関連分野での博士の学位を有するもの。 

応募締切:令和2年12月21日必着
※適任者の採用が決まり次第、募集を締め切ります。 

雇用期間:2021年1月1日以降で応相談~2021年3月31日
常勤(任期あり)※任期1年、毎年ごとの更新(2024年3月31日までを限度とする)

 

就業時間:週5日(月曜日~金曜日) 

就業時間:専門業務型裁量労働制(週38時間45分/1日7時間45分相当)。現在はコロナ禍のため主にリモートワークでの勤務となるが、研究室まで通勤可能であることは必要条件。 

給与:裁量労働制を採用し、業績・成果手当を含め月額29万円~32万円程度(スキル、経験等に応じて決定する)。通勤手当、超過勤務手当。 

加入保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険に加入 

応募方法:JRECIN(https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?id=D120110906)をご参照ください。 

選考内容:書類審査による一次選考後、必要に応じてZoom面接による二次選考を行います。結果の通知はメールまたは書面にて行います。

掲載日:2020.11.24