BioHackathon 2018 開催のご案内 (参加登録 11/11 まで)

JST バイオサイエンスデータベースセンター (NBDC) とライフサイエンス統合データベースセンター (DBCLS) が主催する BioHackathon は、バイオインフォマティクスに関連する技術開発を1週間の合宿形式で行う会議です。今年は島根県松江市にて開催します。

The 11th NBDC/DBCLS BioHackathon
http://2018.biohackathon.org

日程:
* 12月9日 (日) シンポジウム
* 12月10日 (月) 〜 15日 (土) ハッカソン

会場:
島根県松江市 ホテル一畑 (https://www.ichibata.co.jp/hotel/)

BioHackathon は日本国内の研究者と海外の研究者がコラボレーションする場として、2008年より開催されています。配列解析を始めとするバイオインフォマティクスの解析技術から、データ形式の標準化やデータベース連携のための技術開発、文献データの利用技術、高度な質問応答システムなど、これまでに BioHackathon によって生まれた成果は多岐に渡ります。第11回目となる BioHackathon 2018 では、スペシャルゲストとして、Ruby言語の開発者であるまつもとゆきひろさん (Matz) にご参加頂く予定です。

シンポジウム、ハッカソン共に参加費は無料です。ハッカソン会場までの交通費や食費・宿泊費については自費となります。参加を希望される方は、下のページから参加登録をお願いします。参加登録の締切は 11/11 (日) となっています。
http://2018.biohackathon.org/registration

また今年は、若干名ですが国内から参加する学生への旅費の補助があります。希望される方は、 Registration ページの "Application form for the domestic student travel grant" からご応募ください。希望者多数の場合はオーガナイザーによる選考を行います。

その他、不明な点があれば 2018-admin@biohackathon.org までお知らせください。どうぞよろしくお願いします。

 

公開日:2018.11.01