RinkaiHackathon 2019 with DDBJing 受講生募集のお知らせ 

臨海実験所を主たる活動の場とし、動植物学と情報学の垣根を超えた研究教育と人材交流を進めることを目的として、数名の有志による研究会"RinkaiHack"を企画しています。
https://sites.google.com/view/rinkaihack/ 

第3回の公開イベントを、令和元年 西暦2019年 6月10-12日に島根県隠岐で開催します。
本年は「機械学習を生物学的ビッグデータ(動物の模様、行動のビデオデータ、ゲノムなど)に適用したとき、何が見えるのか?」を体験します。最近、しばしば話題になる機械学習の基礎を専門家に学び、3日間の実習でひろくデータサイエンスのエッセンスを実際に一緒に体験しましょう。これら解析実習を行うと同時に、実習期間中には、技術の進展によっては変わらない古典的な生物学の知識や思考体系とは何であるかを参加者で議論します。 

実習の詳細についてはWebsite(https://sites.google.com/view/rinkaihack/registration)を参照してください。また、参加登録、実習に関連する質問等も、Website(Home => Contact タブ)から受け付けています。 

対象:大学院学生およびポスドク 

実習内容、スケジュール:ホームページを参照してください。
https://sites.google.com/view/rinkaihack/home/events/moredetailsrinkaihackathon2019 

募集締切:2019年5月20日
* 随時 運営委員による選考を行い、参加の可否をご連絡いたします。
* 実習施設・実習内容から定員は15名程度とします。
* Hands-onのスケジュールや講演者の日程には変更の可能性があります 

講師
Takeshi Kawashima (National Institute of Genetics) at June 10 / 川島武士 かわしま たけし (NIG) 6月10日(日) 

Ichigaku Takigawa (Riken ASP & Hokkaido Univ.) at June 10 / 瀧川一学 たきがわ いちがく (理研, 北大) 6月10日(日) 

Koh Onimaru (Riken) / 鬼丸 洸 おにまる こう (理研) TBA 

Other lecturers (TBA, now under negotiation ) / その他 講師 複数名 

平成31年(2019年) 5月7日
Rinkaihackathon2019 運営委員
吉田真明(島根大学隠岐臨海実験所)
川島武士 (国立遺伝学研究所)
濱田麻友子(岡山大学牛窓臨海実験所)
宮本教生 (JAMSTEC)
小野廣記 (島根大学隠岐臨海実験所)
スティアマルガ デフィン
(和歌山工業高等専門学校) 

共催
島根大学
ROIS 国立遺伝学研究所・DDBJ

協力
ROIS 未来投資FS 

推薦
全国国立大学臨海・臨湖実験所所長会議・議長推薦 

謝辞
本活動はその活動当初から現在まで、JSBi (日本バイオインフォマティクス学会)

による様々な援助を受けています。JSBiのサポートに感謝いたします。

公開日:2019.05.08