JT生命誌研究館「サマースクール」のご案内

JT生命誌研究館では、夏の2日間、研究室の活動を体験するサマースクールを開催します。この度は、バイオインフォマティクス学会の皆様にお勧めのプログラムをご案内します。

テーマ 「高分子DNAの抽出とロングリードシークエンスに挑戦」
対象   次世代シーケンサーの実験作業を体験したい学生または研究者
定員   3名程度(応募多数の場合は選考有)
日時  2019年8月1日(木)13:00〜17:30、2日(金)9:30〜17:30
場所  JT生命誌研究館(大阪府高槻市紫町1−1)
参加無料 会場までの交通費、宿泊費はご負担お願いいたします。

内容
 次世代型シークエンサー(NGS)の飛躍的な高性能化と低廉化、そして生命情報科学(バイオインフォマティクス)の隆盛によって様々な生物の謎が解き明かされています。アゲハチョウのような非モデル生物でも、小規模なグループでゲノム規模の研究に取り組むことが可能になりました。
今回のサマースクールでは、アゲハチョウの幼虫を用いて、ピペッティングを全く行わないことで切断を少なくし、高分子ゲノムDNAを精製する実験に挑戦していただきます。
 超ロングリードが可能なシークエンサー、Nanopore MinIONの特性を活かせる高分子DNAを精製する方法を身につけたい実験研究者、専門が細分化され、普段自分が解析している塩基配列データがどのように産み出されたか知らないドライ研究者が、NGSを使った実験の現場でどのような作業が行われ、高精度な配列データを生み出しているかの理解を深め、今後の研究の進展に役立てていただくチャンスです。
 時間が許せばMinIONでシークエンスを読みますので、そのデータは後日ご自身の研究に利用していただくことも可能です。どうぞ奮ってご参加ください。

サマースクールでは、この他にも生命誌研究館の研究を経験するプログラムをご用意しています。
応募方法、全体のプログラムは、
http://www.brh.co.jp/event/school/
をご覧ください。(応募締め切り 6月28日(金))

[連絡先]
JT生命誌研究館
メール summer2019@brh.co.jp
電話  072-681-9796(平日9:00〜16:00)
Fax 072-681-9744
HP http://www.brh.co.jp
担当者 星野

公開日:2019.06.12