ポスト「京」重点課題1×重点課題2連携シンポジウム
「 個別化医療・創薬基盤に衝撃 ―スパコン「富岳」が起こす地殻変動― 」

「京」の成果をふまえて、2021年の本格稼働に向けてポスト「京」がもたらす
個別化医療、創薬基盤の構築など生命科学研究の最前線とその展望などについてご紹介します。


【日 時】2019年8月8日(木)10:00~16:40(受付開始 9:30)
【場 所】秋葉原UDXギャラリーネクスト NEXT-1(4F)
     〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1
【参加費】無料
【参加登録】参加申し込みフォームからお申し込みください。

http://scidd.riken.jp/pr_outreach/20190808sympo.html

【プログラム】------------------------------------------------
10:00-10:05 開会挨拶
       重点課題1課題代表 奥野恭史/重点課題2課題代表 宮野 悟
10:05-10:10 挨拶
        文部科学省

<セッションⅠ 重点課題1>
10:10-10:20 生体分子システムの機能制御による革新的創薬基盤の構築
全体報告
         重点課題1課題代表者 奥野恭史
10:20-10:50 (仮題)ポスト京でのMD高度化とアルゴリズム深化
         理化学研究所 生命機能科学研究センター 杉田有治
10:50-11:20 「富岳」による次世代創薬計算技術にむけて
         横浜市立大学 生命医科学研究科 池口満徳
11:20-11:50 スーパーコンピュータ「富岳」で目指すビッグデータ創薬
         理化学研究所 生命機能科学研究センター
/京都大学大学院医学研究科 奥野恭史

昼休憩(60分)

<ポスターセッション 重点課題1>
12:50-13:30 重点課題1参加研究者によるポスター発表

<セッションⅡ 重点課題2>
13:30-13:40 個別化・予防医療を支援する統合計算生命科学 全体報告
         重点課題2課題代表者 宮野悟
13:40-14:10 大量シーケンスBEYOND
         東京大学医科学研究所 宮野悟
14:10-14:40 個別化医療を支援する全脳循環シミュレータの開発
         大阪大学大学院基礎工学研究科 和田成生

休憩(10分)

<ポスターセッション 重点課題2>
14:50-15:30 重点課題2参加研究者によるポスター発表

<セッション コラボ研究 重点課題1×重点課題2>
15:30-16:30 心臓シミュレーションと分子シミュレーションの融合
        - 新たな時代の幕開け -
         ㈱UT-Heart研究所 久田俊明、鷲尾巧、岡田純一、
        理化学研究所 金田亮、東京大学 寺田透

エンディング
16:30-16:40 総評、閉会挨拶
        重点課題1課題代表 奥野恭史/重点課題2課題代表 宮野悟
------------------------------------------------

【共催】 ポスト「京」重点課題1 生体分子システムの機能制御による革新的
     創薬基盤の構築
     ポスト「京」重点課題2 個別化・予防医療を支援する統合計算生命
     科学
【後援】 理化学研究所科技ハブ産連本部医科学イノベーションハブ推進プログ
     ラム
     理化学研究所健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログ
     ラム
【協賛】 「システム癌新次元」文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究
     (複合領域4701) がんシステムの新次元俯瞰と攻略


【お問合せ先】東京大学医科学研究所
       ヒトゲノム解析センター DNA情報解析分野
       ポスト「京」重点課題2 事務局
       E-mail:icls-office[at]hgc.jp  TEL: 03-5449-5615
***********************************************************

公開日:2019.06.18