理研シンポジウム:理研ハッカソン オープンシンポジウム

様々な研究データの利活用を最大化するにはどのような統合的戦略、基盤、技術が必要となるかを議論するために、研究現場の第一線でデータ産出、集積、解析に携わる理研内外の研究者の方々にお集まり頂き、ご講演頂きます。
情報系の研究者、技術者の方のみならず、他の分野で研究データの利活用にご関心をお持ちの方も是非ご参加をご検討ください。

開催日: 2020年2月17日 (月曜日)
時間: 12:00〜17:00 (開場 11:30)
場所: 理化学研究所 神戸キャンパス 発生・発生研究棟C棟1階 オーディトリアム

招待講演
Evan Bolton (National Center for Biotechnology Information)
Practice of Large Science Data Collection and Data Utilization Learned from NCBI PubChem

Jason R. Swedlow (University of Dundee)
OME’s Bio-Formats, OMERO and IDR: Making BioImage Data FAIR on a Global Scale

Josh Moore (University of Dundee)
Building bridges - linked open data in the Open Microscopy Environment

Toshiyuki Takatsuji (National Institute of Advanced Industrial Science and Technology)
Standardization and Data Utilization of X-ray CT Imaging

ご参加には事前登録をお願いしております。
詳細は理研の広報ページ

日本語: https://www.riken.jp/pr/events/symposia/20200217_2/index.html
英語: https://www.riken.jp/en/news_pubs/events/symposia/20200217_2/index.html

をご覧ください。

公開日:2020.01.29