浜田道昭会員らの研究成果がNucleic Acids Researchに掲載

論文紹介:浜田道昭会員(早稲田大学,産総研)らは,次世代の新薬の候補となるRNAアプタマーを、実験から取得される大量の配列候補から高精度で選択し、さらに、結合に重要となるモチーフ情報を推定する新手法RaptRankerを開発いたしました。また、新しく取得した実験データを用いた評価により、RaptRankerの有効性を示すことに成功いたしました。

論文リンク:https://academic.oup.com/nar/article/doi/10.1093/nar/gkaa484/5855635
プレスリリースリンク:https://www.waseda.jp/top/news/69454

公開日:2020.7.14