第5回 関西学院大学女性研究者支援フォーラムの案内

 

平素は、女性研究者支援事業にご理解、ご協力を賜り厚くお礼を申し上げます。関西学院大学は、2010年度から女性研究者支援モデル育成事業に採択され、2013年3月末で採択期間を終了いたします。
この度、2012年12月8日(土)に本学大阪梅田キャンパスで成果報告会をかねて、最終となる第5回関西学院大学女性研究者支援フォーラムを下記のとおり開催します。ご案内方々、貴学会の会員の皆様への周知のご協力をいただきたくご連絡を差し上げます。
関西学院大学は、関西の私立大学で初めて当プログラムに採択されました。関西圏の私立大学において男女共同参画・女性研究者支援についての意識は、必ずしも高くなく、連携して取り組む必要性が認識されてきました。
今回のフォーラムは、日本私立大学連盟のご協力を得て、関西圏の私立の主要4大学がともに取組むことにより、それぞれの大学内部でその必要性が認識され推進されるということを期待して関西大学、同志社大学、立命館大学からパネリストをお招きして開催いたします。
詳細につきましては、下記内容とホームページ掲載のチラシをご参照くださいませ。
http://www.gender-kwansei.jp/model/foruming/Forum1010_2.pdf
何卒よろしくお願いいたします。




日 時:2012年12月8日(土) 13時~16時30分 (12:30開場)

場 所:大阪会場:関西学院大学(大阪梅田キャンパス)1004教室
東京会場:東海大学(高輪キャンパス)2号館2B101教室
(フォーラムは大阪会場をメイン会場とし、東京会場と双方向で行います)

【テーマ】    「関西圏の私立大学における男女共同参画の推進をめざして」

【プログラム】

○開会のあいさつ 井上 琢智(関西学院大学学長)

○基調講演 「研究力強化を実現する男女共同参画 ~人材育成としての女性研究者支援~」 
講 師:佐藤 弘毅 氏   (文部科学省科学技術・学術政策局基盤政策課人材政策企画官)

○事業報告「Mastery for Serviceに基づく女性研究者支援」 
加藤 知(関西学院大学理工学部長) 高橋和子(関西学院大学理工学部教授、「女性研究者支援モデル育成」事業実施責任者)

○パネルディスカッション 
パネリスト
・佐藤 弘毅 氏(文部科学省科学技術・学術政策局基盤政策課人材政策企画官)
・眞田 雅子 氏(東京女子大学学長)
・前田 裕  氏(関西大学副学長)
・橘木 俊詔 氏(同志社大学経済学部特別客員教授)
・渡辺 公三 氏(学校法人立命館副総長)
・井上 琢智 (関西学院大学学長) 
コーディネーター
・山本 昭二(関西学院大学副学長)

○閉会あいさつ
尾崎 幸洋(学校法人関西学院常任理事)

以上

<お問合わせ>
関西学院大学 学長室 男女共同参画推進支援室コーディネーター
清 水   英 子(Eiko Shimizu)
〒669-1337    兵庫県三田市学園2-1TEL079-565-7374、FAX079-565-7384
E-mail eshimizu@kwansei.ac.jp