第366回CBI学会研究講演会
「ゲノミクスからの創薬、診断薬開発及びその背景にある倫理的課題」

http://cbi-society.org/home/documents/seminar/2013to16/20151105.html
日時:2015年11月5日(木) 13:00~17:30
場所:グランフロント大阪 ナレッジキャピタル 北館タワーC 9階 VisLab OSAKA
    (大阪市北区大深町3-1)

★「ゲノム研究の反省に基づく今後の期待(産業応用も含めて)」
松原 謙一(大阪大学名誉教授)
★「マイクロRNAによる疾患予防と超早期診断」
田原 栄俊(広島大学・大学院医歯薬保健学研究院)
★「メタゲノム解析研究の現状と疾患・予防医学への可能性(仮)
五斗 進(京都大学化学研究所 バイオインフォマティクスセンター)
★「ライフサイエンスと先端医療の歩みと解決すべき問題点(仮)
加藤 和人(大阪大学大学院医学系研究科・医の倫理と公共政策学)