イベント案内:研究会 - 創薬インフォマティクス研究会

第14回 日本バイオインフォマティクス学会 創薬インフォマティクス研究会

ケミカルバイオロジーの最前線

 今回の研究会では、最新でなおかつ独自の戦略で創薬研究およびケミカルバイオロジー分野でご活躍の先生方にご講演いただきます。ご講演の内容は、主に実験系となりますが、本研究会が、創薬インフォマティクスとの連携の可能性など議論できる機会になればと考えております。幅広い分野の方々のご参加をお待ち申し上げております。

創薬インフォマティクス研究会

日時:2012年1月27日(金)13:30-16:30
場所:産総研 臨海副都心センター11階
主催:日本バイオインフォマティクス学会(JSBi)
共催:BiWO2011(1月24~27日:http://www.cbrc.jp/biwo2011/index.html
参加費:無料(上記BiWO2011ページより事前登録のご協力をお願い致します。)

プログラム(予定):
13:30-14:10
Genetic code reprogramming: Its concept and applications
菅 裕明(東京大学大学院理学研究科)

14:10-14:50
次世代抗体医薬:立体構造規制ペプチド・ライブラリーによる分子標的ペプチド
(マイクロ抗体)の創出
藤井郁雄(大阪府立大学大学院理学系研究科)

14:50-15:10 休 憩
 
15:10-15:50
細胞治療を助ける化合物
上杉志成(京都大学物質-細胞統合システム拠点/化学研究所)

15:50-16:30
タンパク質間相互作用制御化合物のインシリコスクリーニングへの取り組み
広川貴次(産総研 生命情報工学研究センター)

16:30 閉会