第7回生命医薬情報学連合大会・2018年日本バイオインフォマティクス学会年会
各賞受賞者のお知らせ

2018年9月19日(水)〜21日(金)荘銀タクト鶴岡・鶴岡アートフォーラム(山形県鶴岡市)におきまして、第7回生命医薬情報学連合大会・2018年日本バイオインフォマティクス学会年会が開催されました。

詳細は以下の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
受賞者
プログラム委員による審査の結果、以下の方々を授賞式・閉会式にて表彰いたしました。

優秀口頭発表賞
「個人ゲノム情報に基づくヒト顔形状の予測をめざして」

○今西規、中川草、木村亮介、瀧靖之、安藤寿康(1. 東海大学医学部、2. 琉球大学大学院医学研究科、3. 東北大学加齢医学研究所、4. 慶應大学文学部)

 

優秀ポスター発表賞
P-09 相互作用パターン抽出による生物種ワイドな相互作用予測法の開発

○白石慧, 奥田利美, 宮坂奈津子, 大杉知裕, 佐竹炎

P-13 Pan-cancer module network analysis for identifying dominating networks across human cancers

○Chun-Yu Lin, Jinn-Moon Yang and Tatsuya Akutsu

P-40 一時的社会寄生種であるトゲアリ(Polyrhachis lamellidens)が行う馬乗り行動の分子基盤の解明

○岩井碩慶, 河野暢明, 冨田勝, 堀川大樹, 荒川和晴

P-49 Mixed Realityを用いた蛋白質・リガンドの三次元可視化による創薬支援システムの開発

○小山敦史, 安尾信明, 関嶋政和

P-60 Graph Splitting Method Resolves the Early Evolution of Protein Superfamilies

○Motomu Matsui and Wataru Iwasaki

P-80 機械学習を利用したMRI画像によるグリオーマ患者のゲノム・エピゲノム情報予測

○河口理紗, 高橋雅道, 三宅基隆, 木下学, 市村幸一, 浜本隆二, 成田善孝, 瀬々潤

引用:
生命医薬情報学連合大会(IIBMP2018ホームページより)http://iibmp2018.org/wp/%E5%8F%97%E8%B3%9E%E8%80%85/

ーーーーーーーーーーーーーーー

公開日:2018.10.09