2020年日本バイオインフォマティクス学会年会・第9回生命医薬情報学連合大会(IIBMP2020)のご案内・ワークショップセッション企画公募のお知らせ [公募受付締切:5月22日(金)]

2020年日本バイオインフォマティクス学会年会は、日本オミックス医学会と共に、第9回生命医薬情報学連合大会として2020年9月1日(火)~3日(木)に北九州国際会議場で開催されます。

大会ウェブサイト: https://www.jsbi.org/iibmp2020/

本大会では「データ駆動型研究が切り開くヘルスケア:AI・ビッグデータ時代の生命医薬情報学」というテーマを掲げ、学術研究のみならず産学連携や社会実装におけるバイオインフォマティクスの価値を再認識したいと考えています。特に、大学、研究機関、民間企業、医療機関など、様々な立場の参加者が一緒に議論できるセッションを数多く用意し、異なる視点の融合によって、新しいアイデアを創生できる場にしたいと思っております。

つきましては本大会で、ワークショップ(旧BoFセッション)企画を会員の皆さまより公募いたします。ご提出いただいた企画案は、プログラム委員会において厳正なる審査を行ない、採否を決定します。採否結果は6月12日(金)に応募者へご連絡いたします。下記要項をご確認のうえ、奮ってご応募ください。なお、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、開催形態が変更される場合があります。ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

【第9回生命医薬情報学連合大会(IIBMP2020)ワークショップ企画公募】
○申し込み要旨(wordファイル:https://jsbi.org/iibmp2020/download/iibmp2020_workshop.docx )
○提出先メールアドレス
iibmp2020@googlegroups.com
○公募受付締切:5月22日(金)18:00
○採否結果通知:6月12日(金)

* 募集要項
・最大8セッション程度採択します。
・1セッション90分(その時間枠内での演題数は自由)を予定しています。
・講演言語および発表スライドの言語は日本語または英語といたします。
・座長(オーガナイザー)は1名もしくは2名とし、その中で少なくとも1名は、日本バイオインフォマティクス学会、日本オミックス医学会、いずれかの会員であることを条件といたします。
・当セッションの座長または演者に選ばれた場合、口頭発表およびハイライトトラックの演者になることはできません。
・女性からの企画応募、および女性演者の起用を推奨いたします。
・座長と演者の旅費・滞在費・宿泊費の支給はございません。
・座長と演者の参加費免除はございません。
・演者は無料で懇親会に参加頂けます(ただし、日本バイオインフォマティクス学会と日本オミックス医学会の会員は除きます)
* 投稿後、1~2日以内に確認メールを返送いたします。
* ご不明な点は iibmp2020@googlegroups.com までお問い合わせください。

2020年日本バイオインフォマティクス学会年会・
第9回生命医薬情報学連合大会(IIBMP2020)
大会長 山西芳裕

公開日:2020.04.13