日本語総説誌『JSBi Bioinformatics Review』創刊のお知らせ

_.png

この度、本学会より『JSBi Bioinformatics Review』を創刊するに至りましたので、お知らせいたします。

JSBi Bioinformatics Review特設ページはこちら:
https://www.jsbi.org/jsbi-review/

『JSBi Bioinformatics Review』は、JSBiが発行するオープンアクセスの日本語総説誌です。
バイオインフォマティクス分野への新規参入や異分野連携の促進を目的に、バイオインフォマティクス分野の研究動向に関する良質な日本語総説論文を発信いたします。

創刊号では以下のように、創刊に至る経緯などをまとめた巻頭言と、2名のバイオインフォマティクス研究者による総説を掲載いたしました。

◆創刊号目次◆
「バイオインフォマティクスの最先端へようこそ」
 尾崎 遼 (筑波大学)、 松本 拡高 (長崎大学)
「逆イジング法の生命情報データ解析への応用」
 福永 津嵩 (東京大学)
「機械学習による生体分子の機能改良」
 齋藤 裕 (産業技術総合研究所)

本誌は、半年に1回の頻度で発行される年2回刊を予定しております。

本誌が、分野外の方にも楽しんで読んでいただけるものになるよう尽力していきますので、周辺分野の方にもこのような雑誌があることを、周知していただけると幸いです。

末永くよろしくお願い申し上げます。

◆お問い合わせ先◆
日本バイオインフォマティクス学会
JSBi Bioinformatics Review 編集委員会・担当幹事 尾崎遼・松本拡高
bioinformatics-review@mail.jsbi.org

公開日:2020.10.05