質量分析インフォマティクス研究会・第4回ワークショップ開催のお知らせ(開催日:2019.03.19)

質量分析インフォマティクス研究会( http://ms-bio.info/ )は、質量分析学
(及びその関連)研究コミュニティと(バイオ)インフォマティクス研究コミュ
ニティの交流を進めています。
この度、第4回の公開ワークショップの開催が決まりました。
参加への制限は一切ありません。幅広い分野・背景・動機を持たれる方々の参加
を歓迎します。

また前回に引き続き、一般参加者によるショート講演(口頭発表、10分程度)を
募集します。
「方法論・ソフトウェア・データベースなどを開発した」
「質量分析データの情報学的研究を行った」
「現在の研究の問題点を打開するために情報学的研究が必要である」
といった話題のいずれでも結構です。
また必ずしも研究の発表である必要はなく、コミュニティへの要望や話題提供な
ども歓迎ですので、この機会をぜひご活用ください。

なお、研究会もしくはメーリングリストへの参加も歓迎しています。詳しくは
http://ms-bio.info/
から該当ページをご参照ください。


開催要領

質量分析インフォマティクス研究会・第4回ワークショップ(2019年)

日時:2019年3月19日(火)(午前10時頃~午後7時頃)

開催場所:JST東京本部別館1階ホール(東京都千代田区五番町7 K's五番町)

主催:質量分析インフォマティクス研究会(日本バイオインフォマティクス学会)

参加費:無料

招待講演:(五十音順・敬称略)
【グライコプロテオミクス】 小川 光貴・岡島徹也(名古屋大・医)
 「グライコプロテオミクスにより明らかになったNotch1受容体上のO-GlcNAc glycanの糖鎖構造多様性 」
【ChIP-Seq】 沖 真弥(九州大・医)
 「公共 ChIP-seq データをフル活用し、遺伝性疾患の解明や創薬に挑む」
【ケモインフォマティクス】 小寺 正明(東京大・工)
 「複雑骨格物質の生合成単位予測」
【代謝工学】 野田 修平(理研・CSRS)
 「有用バルクケミカル合成大腸菌プラットホーム開発における質量分析機器の活用」
【メタボロミクス】 福島 敦史(理研・CSRS)
 「質量分析を用いた植物メタボロミクスデータの情報解析と共有」
【プロテオミクス】 吉崎 尚良(金沢医科大・医)
 「公共データベースを利用したリン酸化シグナル伝達経路の研究」

詳細情報及び参加申し込みは研究会のweb( http://ms-bio.info/2019ws.html
をご覧ください。
積極的なご参加をお待ちしています。


◆お問い合わせ:質量分析インフォマティクス研究会・担当世話人
守屋勇樹(情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンター)
津川裕司(理化学研究所環境資源科学研究センター)
吉沢明康(京都大学大学院薬学研究科)
E-mail:ms.bio.info@gmail.com

 

更新日:2019.02.26
公開日:2018.12.20