第28回バイオメディカル研究会
「医療経済と健康寿命のインフォマティクス」開催延期のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大を受け、4月10日に予定されておりました研究会は 夏以降に延期いたします。参加予定の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、 何卒ご理解を賜わりますようお願い申し上げます。 なお、新たな開催日は未定です。決定しましたら、改めてご案内いたします。(2020.04.01更新)


前々回(第 26 回研究会2019/4/19開催 「健康・医療のデータサイエンスが乗り越えるべき課題」)、前回(第27回研究会 2019/10/18開催 「ライフサイエンスで求められる説明可能なAI」)と議論して参りました。

今回はさらに踏み込んで、医療経済的な観点も含めて健康寿命延伸に関わる課題について取り上げます。健康寿命を延伸することは、超高齢化と社会保障費増大、さらには労働力減少という課題の解決に繋がるのではないかと期待されます。多様な立場からの取り組みをご講演頂きますので、バイオインフォマティクスが果たすべき役割等について考えたいと思います。ご参加いただけましたら幸いです。

■主催:日本バイオインフォマティクス学会
■共催:公益財団法人都市活力研究所
■後援:NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議、NPO法人バイオグリッドセンター関西 

【開 催 日】2020年4月10日(金) 13:30~16:45(受付開始13:00~)

【開催場所】ナレッジオフィス Vislab Osaka

大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪 タワーC 9階
https://cb-lab.jp/access.html

【プログラム】

 13:30 開会挨拶
 13:35 「未来医療のための医療情報プラットフォームのコンセプト」
                         松村 泰志 先生(大阪大学大学院医学研究科)
 14:20 「健康寿命の延伸を目指して -メタボ・フレイル-」
                         阿部 圭一 先生(国立健康・栄養研究所)
 15:00 休憩
 15:20 「天然物、食用・薬用生物、漢方、薬膳、食品データベース:
       KNApSAcKでデータマイニング」
                         金谷 重彦 先生(奈良先端科学技術大学院大学) 
 16:00 「医療ビッグデータ活用と人材育成への取り組み」
                          鎌田 真由美 先生(京都大学大学院医学研究科)
 16:40 閉会挨拶
 16:45 終了

【定 員】 60名 

【参加費】無料

【ご注意】新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下の点をご了承の上、お申込みください。
・発熱している方は参加できません。
・風邪の症状が出ている方は参加をご遠慮下さい。
・無自覚の拡散を防止するため、マスク着用の上、ご参加下さい。
・今後の状況によっては開催を延期する可能性があります。その場合、下記のホームページでご案内します。

【詳 細】 http://www.urban-ii.or.jp/
     (お申し込みは、上記リンクのイベント掲載ページよりお願いします。)

 【お問合せ】事務局 公益財団法人都市活力研究所 担当:味村
      E-Mail:mimura@urban-ii.or.jp  TEL: 06-6359-1322

 

 公開日:2020.03.23