● 学会議事録等 ●


■ 日本バイオインフォマティクス学会第3回幹事会議事録


日 時:平成12年10月25日(水) 13:00 〜15:00 場 所:国際観光会館8Fレストラン・カウベル
出席者:金久(会長)、美宅、宮野、中井、松田、五斗(幹事)




報告及び議事


1.総会について

(a) 会則による審議事項

イ.事業計画および収支予算
ロ.事業報告および収支決算
ハ.その他評議委員会において必要と認めた事項

12月に開催する予定なので、総会の目次については以下のようにする。
  • 平成11年度事業報告
  • 平成11年度収支決算
  • 平成12年度事業計画および中間報告
  • 平成12年度収支予算および中間報告
  • 平成13年度事業計画
  • 平成13年度収支予算

(b) 開催時期と場所について
  • 会則から

    ‐(第22条)通常総会は、毎年1回開く。
    ‐(第24条)総会の招集は、少なくとも10日以前に、議案を拘置しなければならない。
    ‐(第26条)総会は、会員総数の10 分の1 以上出席しなければ、その議事を開き、議決することができない。ただし、当該議事について書面または委任状をもって、あらかじめ意志表示をした者は、出席者とみなす。
  • 会計年度は4月1日から3月31日となっているが,12月のGIW (年会)に合わせるのが都合が良いので,総¥会は12月18日のポスターセッションの前に組み込む.1分間紹介セッションの前に15分程度。場所は,1分間紹介セッション会場(恵比寿ガーデンホール3階)。
  • 委任状を取るために,総会の案内は11月中旬までに各会員宛てに郵送する。同時に,ホームページでも案内する。
  • ニュースレターに開催報告書を掲載する。
  • 参考資料:情報処理学会第42回通常総会目次。

2 .会計監査報告
  • 会計監査の市吉伸行(株式会社三菱総合研究所),藤山秋佐夫(国立遺伝学研究所)の両氏が行う(任期は平成13年3月31日まで)。
  • 必要資料:収入一覧。支出一覧と領収書。監査報告書。
  • 総会で11年度の会計監査報告を行う。OHPを利用したものでよい。
  • 会員専用ホームページでも公開する。
  • ニュースレターに載せる。そのため1月頃にニュースレターの第2号を発行する。

3 .選挙について
  • 会則から

    第3条

    評議員の選出は次のように行う。
    イ.評議員は正会員および名誉会員(以下正会員等とよぶ)の選挙によって決められる。
    ロ.会長は正会員等の中から少なくとも3名を選んで選挙管理委員を委嘱する。選挙管理委員は 選挙事務を行う。
    ハ.正会員等の投票は1人1票、無記名5名連記とし、原則として郵送によるものとする。
    ニ.評議員は連続して2回選出されることはできない。
    ホ.評議員の定数は20名とする。欠員が生じた場合は、次の選挙まで補充する必要はないものとする。
    ヘ.得票者中の上位の者より順に20名を選出する。同数得票者については年齢の高い順に順位を定める。

    第4条

    会長の選任は次の通り行う。
    イ.会長は評議員の選挙によって決められる。
    ロ.投票は無記名単記とする。投票総数の過半数を得た者を会長とする。
    ハ.投票総数の過半数を得た者がないときは、高点順に2名をとり改めて投票を行い、最高点者を会長とする。このとき同点の場合には抽選により決定する。

    第5条

    副会長は会長が指名し、評議員会がこれを承認する。

    第6条

    幹事は会長が指名し、評議員会がこれを承認する。

    第7条

    評議委員会は、会長、幹事、評議員以外の正会員の中から2名の会計監査を選出する。会計監査は連続して2回選ばれることはできない。

    第8条

    会長は、評議員会の承認を得て必要な委員会を作ることができる。


  • 時期:3月までに新評議員10名を選出する。その後,評議員会を開催し,会長を選出する。会長が選出された後,会長に副会長,幹事を指名してもらい,評議員会で承認する。その後,評議員会は会計監査を選出する。
  • 選挙管理委員会の指名:会長により少なくとも3名を指名する。その後,選挙管理委員よりなる選挙管理委員会は,評議員選挙を告知し,立候補者及び推薦を行い,候補者のリストを作る。
  • 選挙管理委員:今年度で任期が切れる評議員の中から,江口至洋,高井貴子,永井啓一の3氏にお願いする。
  • 立候補者の推薦方法:今年度で任期が切れる評議員10名が推薦する。ホームページに案内を出し,自薦他薦を募る。
  • 選挙方法:候補者を列記した投票用紙(はがき)を各会員に送付する。投票用紙には自由記名できる枠も用意しておく。投票用紙は1月上旬までに送付し,2月上旬までに回収する。評議員会は*3月に新・旧両評議員参加で開催する。

4.年会(GIWポスターセッションについて)

(a) 現在,ポスター112件,ソフトデモ4件の投稿がある。

昨年は合わせて90件程度だった。企業展示も14 コマに増えたので,場所を考える必要がある。
ホワイエまでポスターを出す?
企業展示とコーヒーサービスを上の階に持っていく?

(b) Genome Informatics Vol.11 の出版について

1.経費は,ヒトゲノム解析センター,特定(C)ゲノム情報科学, 特定(A)ゲノムサイエンス,日本バイオインフォマティクス学会で対応する。
2.コピーライトは日本バイオインフォマティクス学会とする。
3.年会への参加者以外への販売:
Universal Academy Press :1 万円。
会員割引:5000 円.giw@ims.u‐ tokyo.ac.jp 宛てに問い合わせてもらう。
4.文部省からの補助について。
年間4回出版するのであれば,300万円程度の補助がつく可能性あり。
ただし,年間1 回だけだと30万円程度になる。

(c) ポスターセッションのための会場費(1時間当り13万円)。
初日の15時〜18時と2日目の2時間分を学会で負担。(計65万円)。

(d) ポスターパネル経費(約80万円)及びネットワーク経費(約50万円)。学会で一部負担する。

(e) 論文が採択されている学生さんの支援(現在のところ海外から3 名)。学会から1名当り5万円を支援する。
→ニュースレターにGIW の参加感想を書いてもらってはどうか。
今年はポスター発表への支援はなし(来年は未定)。
国内からの参加者にも支援を考える。

(f) 企業展示からの参加費が約200万円。
招待講演。バンケットの費用に充てる。

(g) 参加登録料:事務局がとりまとめて,GIWの運営費に充てる。
JSBiへの入会金と年会費は学会へ。

(h) 学会として,会場費・旅費支援を含めて100万円程度を負担する。

(i) 広告について:補助をもらっている場合は広告を載せるのに問題がある。


5.ニュースレターについて(第2号の内容案)
  • 講習会開催報告。
  • 研究会・ワーキンググループ開催報告。
  • GIW 参加報告:Dunker 氏,Meyers 氏,旅費の支援を受けた学生さんが執筆者候補。
  • 総会開催報告。
  • 会計監査報告。
  • 広告。ただし,郵便の扱いの関係で半分以上になるとまずい。

6.その他
  • ホームページのアクセス統計を取る。




TOPページへ前のページへ次のページへ