イベント案内:学会主催・共催

第2回 新たな創薬パラダイムの創出

 

◆日時:2011 年 1 月13日(木)13 時~ 17 時
◆場所:東京大学医科学研究所1号館講堂
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/access/access/
◆主催:システム薬学研究機構、日本バイオインフォマティクス学会
◆参加費:無料
◆オーガナイザー:江口 至洋、宮城島 利一

◆プログラム

13:00 ~ 13:10 はじめに

 宮城島 利一(システム薬学研究機構)  

13:10 ~ 13:50

「医薬品を巡る最近の状況と今後の方向」

中垣 俊郎(医薬品医療機器総合機構)

13:50 ~ 14:30 

「新抗インフルエンザウイルス薬・ラニナミビル:分子設計と化合物プロファイル」

小林 慶行(第一三共)

14:30 ~ 15:10

「 Biopharmaceutics Classification Systemを活用した創薬戦略」

高木 敏英(大日本住友製薬)

15:10 ~ 15:30  休 憩

15:30 ~ 16:10 

「医薬品安全性評価におけるインフォマティクスの活用」

    上原 健城(塩野義製薬)

16:10 ~ 16:50 

「DDSの現状と今後の展開」

牧野 公子(東京理科大学、システム薬学研究機構)

16:50 ~ 17:00  まとめ

寺田 弘(東京理科大学、システム薬学研究機構)

 

◆申込・連絡先

システム薬学研究機構 staff@systemspharma.org

(〒278-8510 野田市山崎2641 東京理科大学内)